挨拶文(実行委員長 岸川圭希)

 2011年のサマースクールは、いろいろな意味で特別なものだったのかも知れません。2011年1月中旬に、サマースクール実行委員会を立ち上げ、2月末には、開催場所を千葉県九十九里海岸近くのホテルに決定。しかし、あの3月11日の大震災が起こりました。余震、計画停電、交通手段のJR外房線特急が運休。世間の自粛ムードもあり、開催すべきか、開催地を変えるべきか、どのくらい参加希望者がいるのか、などの再検討をしました。前年度サマースクールの各参加者にお尋ねした結果、サマースクール参加を希望する方々が少なからずいらっしゃることがわかり、委員の間では、赤字覚悟でやろうという意見にまとまりました。災害の心配が少なく計画停電のない場所ということで、東京中央区の晴海グランドホテルに決定いたしましたが、これまでのサマースクールで最も少ない人数になるのでは、と心配でした。

 しかし、実際の参加者は総勢56名で、昨年の参加者数を上回り安心いたしました。内訳は、一般29名(会員21名、非会員8名)、学生17名(会員12名、非会員5名)、講師・実行委員は10名でした。今年の特徴としては、少し遠いところからの参加者が大きく増えたことです。東京・神奈川・千葉・静岡・埼玉以外では、大阪5熊本2富山1兵庫1台湾1(合計10名)となりました。このような大変な状況でも、遠いところから、液晶を学びに来て下さる方が多くいらっしゃることがわかりました。実行委員長・校長として、開催して本当に良かったと思いました。

 熱心な講師陣と真剣な参加者の皆さんのおかげで、非常に内容の濃い有意義なサマースクールになりました。朝早くから夜中過ぎまで、授業、講演会、ポスター発表、懇親会などがあり、少しハードでしたが、普段できない液晶の勉強を十分にできたのではないでしょうか。サマースクール後のアンケートでは、ほぼ100%の参加者が「満足できた」と答えていたことからも、各参加者は大きな満足を得たようです。

 その他、参加者へのアンケートで目立ったのは、「ホテルの1室に3名で狭かった」「ユニットバスが狭すぎた」「大浴場がほしかった」などのご指摘でした。あの1室に3名は、きつかったかも知れません。お許しください。2012年は、温泉付のデラックスな施設での開催を準備しているそうです。是非、ご参加ください。その他、アンケートでは、今後のサマースクールで取り上げてほしい内容や改善に向けてのアイデアをたくさんいただきました。日本液晶学会では、皆さんのご意見を生かして、今後もサマースクールを続けて行く予定です。

 挨拶の最後になりますが、実行委員の先生方、講師の先生方には、ほとんどボランティアで、ご多忙のところ、当サマースクールを支えてくださり、本当にありがとうございました。

2011年度液晶サマースクール開催報告(校長 岸川 圭希)

 2011年液晶サマースクールは、7月14日(木)~16日(土)に、東京(晴海グランドホテル)にて、総勢56名で行われました。期間中、天候も良好で、心配された計画停電もなく、無事予定通りに「液晶の基礎から応用まで」の講義が行えました。講師・実行委員の皆様、参加者の皆様のおかげで、たいへん有意義なサマースクールが行えました。ありがとうございました。

 今回のサマースクールを一言で表すと、「濃いサマースクール」でした。例年よりも、サマースクールのテキストは分厚く、180ページにも及びました。詳細かつ丁寧で、情報量が多くなりました。スケジュールとしては、初日、二日目とも、夜は23時、24時近くまで講演会が入るハードなものとなってしまいました。懇親会も多くの人が午前2時まで、交流を楽しんでいらっしゃいました。

 講義としては、以下の8つの講義が行われ、液晶研究における物理・化学・デバイスおよび液晶産業について、それぞれの専門の一流講師陣が、丁寧な分かりやすい説明を行ってくださいました。物理・化学の講義では、これまで理解できていなかったものが詳しい解説により理解が進みました。また、ディスプレイや液晶産業に関する講義では、まだ本に書かれていないような最新の貴重の情報が盛りだくさんで、持っていた知識がすっかりバージョンアップされたような思いでした。

 講義1「分子構造と液晶性」西山 伊佐先生(DIC)
 講義2「偏光顕微鏡と液晶の組織観察」石川 謙先生(東工大)
 講義3「ネマチック相の物理」尾﨑 良太郎先生(防衛大)
 講義4「分子構造と材料物性」岸川 圭希(千葉大)
 講義5「界面配向と高分子安定化」菊池 裕嗣先生(九州大)
 講義6「複雑系の液晶分子」沓水 祥一 先生(岐阜大)
 講義7「ディスプレイモード」木村 宗弘先生(長岡技科大)
 講義8「ディスプレイ計測・今後の液晶産業」井上 勝先生(東陽テクニカ)

 新しい試みとして、「何でも講演会」と「ホットな研究分野の招待講演」をこれまでのスケジュールに加えました。「何でも講演会」は、参加者・講師に自由に発表をしていただくために企画しました。3名の学生さんが研究発表や大学研究の役割についての問題提起などを行い、講師の西山先生から「事前組織化」や「キラリティと立体効果」等の解説があり、菊池先生からは「ブルー相の詳しい話」がありました。ほとんどの皆さんが夜遅くまでメモを取りながら真剣に聴き入っていました。「ホットな研究分野の招待講演」では、奈良先端科学技術大学院大学の中村雅一先生にプリンタブルエレクトロニクスの講演をしていただき、最先端のエレクトロニクスやこれからのエレクトロニクスについて多くのことを教えていただきました。

 2日目夜のポスターセッションでは、11件の発表があり、いずれも大変高いレベルの内容でした。参加者にとって、研究者と直に質疑応答ができる良い機会であったと思います。
未熟な校長ではありましたが、皆様のご協力のおかげで2011年のサマースクールを無事終了させることができました。どうもありがとうございました。また、ほとんどボランティアであるにもかかわらず、いろいろと私の無理なお願いに快く対応してくださいました講師の皆様に重ねて御礼申し上げます。

 最後に、2011液晶サマースクールを企画・運営したワーキンググループのお名前を以下に記します。石川 謙先生(東工大)、井上 勝氏(東陽テクニカ)、尾﨑 良太郎先生(防衛大)、菊池 裕嗣先生(九州大)、木村 宗弘先生(長岡技科大)、沓水 祥一先生(岐阜大)、西山 伊佐博士(DIC)、安武 幹雄先生(埼玉大)、そして、岸川 圭希(千葉大)です。