2009年液晶学会サマースクールは、今年も熱海大月ホテル和風館にて無事に開催することができました。今年は15年目を迎えたということもあり、このあたりで一度初心に戻って液晶の本質が探れるようなサマースクールにしようということで、「液晶とは何か」というテーマでプログラムを編成してみました。
その結果、講師の先生方そして参加者の皆様方のご協力もあり、初心者の方にとっては液晶について広く知識が得られ、中堅で活躍されている皆様にとっては液晶の関わる様々な現象について深く考える機会となり、とても充実したサマースクールであったという参加者の声を頂くことができました。特にグラスを片手にしたポスターセッション会場では夜遅くまで熱い討論が続き、産業的に冷え込んでいることなど信じられないくらいまだまだ液晶研究者には熱意があるのだと肌で感じらました。液晶学会の未来に明るい希望が見えてきた思いです。
この場をお借りしまして、サマースクールを盛り上げてくださった参加者の皆様に厚く御礼申し上げたいと思います。
これからも、基礎的な内容にとどまらず学術分野や産業分野におけるホットな話題も盛り込むように吟味したプログラムで魅力的なサマースクールを企画する予定です。ぜひ、次回、次々回と繰り返しのご参加をお待ちしております。

実行委員長 久保野 敦史

==================================================================
主 催:日本液晶学会
校 長:太田 和親 先生(信州大)
日 時:2009年7月16日(木)~18日(土)
場 所:熱海 大月ホテル和風館(〒413-0012 静岡県熱海市東海岸町3-19)
————————————————————————–
テーマ
「液晶の本質を深く考察することで、今後の液晶研究にさらなる活力を与えたい」

講演内容(予定)
「液晶ディスプレイ総論」小村 真一 先生(日立ディスプレイズ)
「界面・配向」米谷 慎 先生(産総研)
「液晶の熱力学」斎藤 一弥 先生(筑波大)
「ブルー相」菊池 裕嗣 先生(九大)
「液晶の粘弾性と光散乱」久保野 敦史 先生(静岡大)
「液晶の複屈折と偏光の制御」能勢 敏明 先生(秋田県大)
「液晶相の見分け方 ~光学観察による相同定と構造解析~」高西 陽一 先生(京大)
「液晶相のX線構造解析と次元性」太田 和親 先生(信州大)

実行委員
久保野 敦史(実行委員長・静岡大)
近藤 克己 (シャープ)
平野 幸夫 (チッソ)
安藤 智宏 (シチズン)
高西 陽一 (京都大)

液晶サマースクール09開催報告

太田和親
Kazichika Ohta
信州大学大学院総合工学系研究科・教授
長野県上田市常田3-15-1 G棟4階(〒386-8567)
E-mail: ko52517@shinshu-u.ac.jp

今年の液晶サマースクールは2009年7月16日から18日までの三日間の日程で昨年と同じ場所である熱海市の大月ホテル和風館で行われ、参加人数は講師、実行委員も含めて48名だった。今回私は二回目の校長として参加することになったが、諸事万端は実行委員長である久保野敦史先生(静岡大学)を中心に準備して頂いた。
今回で液晶サマースクールも15回目と節目を迎える事になるので、サマースクールの歴史について触れておきたいと思う。
世界最初の液晶サマースクールは、1912年にドイツのOtto Lehmannにより、バーデンバーデンという温泉地の近くの彼の別荘の水車小屋で行われた。Lehmannは1889年に初めて「液晶」と命名した人だが、その後20年に亘ってTammannやNernst、van’t Hoffなどの著名な熱力学者らから液晶は微小な結晶が液体の中に混ざったものと非難され、長い間認められなかった。そのため、液晶が存在する事を世の中に広め、多くの人達に知ってもらうため液晶サマースクールを開催したようだ。
日本では、第一回サマースクールは、液晶若手研究会の主催で平成7年つまり14年前の1995年7月に長野市で開かれた。その時の校長が私だった。何故、液晶サマースクールを始めたかというと次の理由がある。液晶若手研究会(略して「液若」)のメンバーが夜を徹して考えた事は、「液晶を大学で習った人はほとんどなく、会社に入ってから初めて液晶の研究に携わっても、自分のやっている狭い範囲は知っているが、液晶全般を広く理解している人はいない。毎日の業務に不安を感じている人が多い。したがって、液晶サマースクールというものを立ち上げて、ここで会社に入社してから1年目から3年目のひとに、基礎から応用まで全般が概観できるように、講義形式でやろう。」ということになり、液晶サマースクールを始めた。
今までの日本における液晶サマースクールの開催地と校長(敬称略)を、私の知る範囲で下にまとめた。

日本における液晶サマースクールの歴史

液晶若手研究会主催
第1回(1995長野)校長:太田和親(信州大学)
第2回(1996熱海)校長:片山詔久(北里大学→名古屋市立大学)
第3回(1997熱海)校長:楠本哲生(相模中研→大日本インキ化学工業(現DIC))

液晶学会主催
第4回(1998山形市蔵王)校長:佐藤進(秋田大学)
第5回(1999神奈川県葉山)校長:池田富樹(東京工業大学)
第6回(2000妙高高原)校長:赤羽正志(長岡技術科学大学)
第7回(2001支笏湖畔国民休暇村)校長:雀部博之(千歳科学技術大)
第8回(2002阿蘇国民休暇村)校長:檜山為次郎(京都大学)、副校長:野中敬正(熊本大学)
第9回(2003熱海)校長:関隆広(名古屋大学)
第10回(2004神戸市六甲)校長:川月喜弘(兵庫県立大学)
第11回(2005熱海)校長:高橋泰樹(工学院大学)
第12回(2006熱海)校長:青木良夫(埼玉大学→DIC)
第13回(2007熱海)校長:舟橋正浩(東京大学)
第14回(2008熱海)校長:平野幸夫(チッソ石油化学)、実行委員長:宇戸禎仁(大阪工業大学):この回から校長と実行委員長を別々にした。
第15回(2009熱海)校長:太田和親(信州大学)、実行委員長:久保野敦史(静岡大学)

これを見てわかるように、開催地は北海道から九州まで分布しているが、ほぼ半分が熱海で開かれている。その理由は、新幹線の駅に近く交通の便が良いこと、温泉に入れることなどであろう。これは、Lehmannのサマースクールがヨーロッパの有名な温泉地バーデンバーデンの近くだったことと類似していて大変面白い。

今回のサマースクールのプログラムと概要はつぎの通りであった。

第15回のプログラム

「液晶ディスプレイ総論」 小村 真一 先生(日立ディスプレイ)
液晶ディスプレイの構造と駆動方法、液晶表示モードをモードごとに特徴を詳しく説明された。

「配向パターン・リソグラフィー」 米谷 慎 先生(産総研)
液晶ディスプレイの配向パターンについて基礎から最先端の話題まで優しくわかりやすく説明された。

「液晶の熱力学」 斉藤 一弥 先生(筑波大)
基礎的な熱力学から応用的な相転移、液晶相の熱力学について学生にもわかりやすいように噛み砕いて説明された。

「ブルー相」 菊池 裕嗣 先生(九州大)
今話題のブルー相とその高速応答について、複雑な系にも関わらず視覚的にわかりやすいスライドを使い丁寧に説明された。

「液晶の粘弾性と光散乱」 久保野 敦史 先生(静岡大)
主に液晶の粘弾性について難しい数式をあまり使わないようにして図や言葉でわかりやすく説明された。

「液晶の複屈折と偏光の制御」 能勢 敏明 先生(秋田県立大)
液晶ディスプレイ等の応用分野に必要な光の特性(偏光、複屈折など)についてスライドを使って丁寧に説明された。

「液晶相の見分け方~光学観察による相同定と構造解析~」 高西 陽一 先生(京大)
カラミチック液晶、ネマチック相、スメクチック相の見分け方を写真と図を用いながら詳しく説明された。

「液晶相のX線構造解析と次元性」 太田 和親(信州大)
X線の基礎について先ず述べ、結晶の三次元性が段階的崩壊していく過程で液晶相が発生すること、そして液晶相が数学的には部分空間と考えられることを説明した。これら液晶相の次元性とX線構造解析について製本テキストと手書きの講義ノートを配布して説明した。

各講師の先生方は、ご多忙中にもかかわらず快く講師を引き受けていただき、おかげで今夏のサマースクールが成功裏に終了したことを、この場をかりて感謝申し上げます。

今回は100年に一度の大不況のため例年に比べ企業からの参加者が極端に少なくなって参加人数が半減してしまい、ワーキンググループメンバーは当初大変心配した。しかしながら、少人数であっても参加者は全員非常に熱心で、お互いにポスターセッションや懇親会、さらに温泉につかりながら、それぞれが日頃疑問に思っていることを語り合いながら大いに知識を深めることができ大変充実した三日間であった。学生や院生の諸君も、大変勉強になった、あるいは液晶は幅広くて自分はほんの一部しか知らなかったということを知ったなどの感想が聞かれ、大変好評であった。今回のように企業からの参加者が少ない場合には、収支が赤字になるシステムは今後見直す必要はあると感じた。この点を改善して、今後も液晶サマースクールが多くの人たちのために継続できるよう希望する。今回のサマースクールを企画・実行したワーキンググループのメンバー(敬称略)は、久保野敦史(静岡大)、平野幸夫(チッソ石油化学)、近藤克己(シャープ)、安藤智宏(シチズン)、高西陽一(京都大)と私太田和親(信州大)であった。