「1998年日本液晶学会サマースクール開催報告」

1998年の日本液晶学会サマースクールは山形蔵王温泉の「ホテル蔵王」にて開催されました.

プログラム通り8名の講師の先生方のご講義と全国から122名の皆様のご参加を頂き,成功裏の内に幕を閉じることが出来ました.

3日間に渡り,液晶のいろはを勉強するきっかけを下さった講師の先生方,また,ポスターセッションなどで熱の入った議論をして下さった参加者の皆様には改めて御礼申し上げます.
サマースクール最終日には参加者の皆様からアンケートをとらせていただきました.サマースクールで勉強したい内容,また,今回のサマースクールへの感想など,来年以降のサマースクールをより良い物にしていくための,貴重なご意見をいただく事が出来たことを実行委員一同喜んでおります.

次回のサマースクールにご期待いただき,是非ご参加下さることをお待ち申し上げます.

1998年日本液晶学会サマースクール
実行委員長 佐藤 進(秋田大学)
実行委員 内田龍男・鹿野 満
楠本哲生・香田智則
関 秀廣・山口留美子

日本液晶学会「’98サマースクール」報告

skaijyo1.GIF 大学の学部学生や院生および若手企業研究者などを対象とし,液晶の「基礎」から「応用」までを系統的に勉強することを目的としたサマースクールが,7月30日から8月1日までの3日間,山形県蔵王温泉のホテル蔵王にて行われました.講師の先生を含め総勢122名の参加者が標高1000m近い高原に集い,下界の暑さとは無縁の環境で,8件の講演とポスターセッションのほか,フリータイムを利用したディスカッションやエクスカーションを行いました.
参加者は,講師およびび実行委員を除いた半数以上が,液晶に携わって3年未満ということで,19名の学生を含め大変活気ある若々しいスクールとなりました.

sposter07.GIF 初日は,時折雨が降る天気となり,1000km以上の道のりを車でやってきた学生や,遠くは九州から参加された方もありましたが,参加者は長旅の疲れも見せず講演会場の席に着き,実行委員長である佐藤進先生(秋田大学)の挨拶で,スクールが開講致しました.
内田龍男先生(東北大学)による「液晶の異方性と各種ディスプレイモード」と石川謙先生(東京工業大学)による「偏光顕微鏡で観察する液晶の世界」の2件の講演後,夕食を兼ねた懇親会が開かれました.18件のポスターセッションは懇親会直後から行われ,山形県産のワインが入ったほろ酔い気分ではありましたが,予定終了時刻の10時を1時間以上もオーバーする熱心なものとなりました.

2日目は,雲の中の蔵王となり高原らしい風情の朝を迎えました.
佐藤先生による「液晶の光学素子への応用」,石飛昌光氏(住友化学工業)による「液晶と分子シミュレーション」の講演の後,その場で昼のお弁当を食べ,すぐさま午後の2件の講演,青木良夫先生(埼玉大学)による「液晶の分子構造とその性質」と足立幸志先生(東北大学)による「液晶配向膜のラビングにおけるトライボロジー」を行うという過密さでした.
そろそろ疲れもみえる時間帯であったにもかかわらず,聴講する参加者たちは先生方の興味深い講演内容に魅了されていたようでした.夕食までの2時間ほどの間は,講師の先生とのディスカッションや,大露天風呂や鴨ノ谷地沼への散策に 出かけるなど,各自それぞれ自由な時間を過ごしました.

sQuiz3.GIF 2夜目のポスターセッションでは,開始時間からの30分ほどを利用し,“液晶カルトクイズ大会”なる催し物を行いました.液晶研究の歴史から,液晶の化学,物理に関するものまで,バラエティーに富んだ問題が鳥海弥和先生(東京大学)から読み上げられ,生き残りを賭けての2者択一のゲームに歓声が上がりました.1位と2位には山形の地酒を,3位には本スクールの1週間前に開催されていた液晶国際会議のストラスブール土産を賞品とし,大いに盛り上がりました.この夜のポスターセッションにおいても,多くの方々が予定終了時刻を過ぎても会場に残っておりました.

3日目には天気も回復し,蔵王の中腹付近まで見ることができました.戸谷和男氏(メルクジャパン)による「液晶組成物の物性制御」と関秀廣先生(八戸工業大学)による「ペーパーホワイトを実現する反射型液晶ディスプレイ」の講演が行われ,引き続いて関先生に閉校の挨拶を頂き,3日間のスクールが終了いたしました.

このサマースクールでは,参加者の世代や所属および研究分野などを越えた交流の場を提供することも目的のひとつとしておりましたが,2日目の夜には実行委員の部屋に学生一般を問わず自然に集い,狭い部屋は座るスペースもなくなるほどとなって,深夜までにぎやかな会話が続きました.このような集まりは,各部屋でも行われていたようで,ポスターセッションの盛況さとともに,この目的も大いに達成できたのではないかと思われます.

今回のサマースクールは,ストラスブールでの液晶国際会議の直後ということもあり,常日頃からお忙しい講師の先生方には大変過密なスケジュールとなってしまいました.また,実行委員においても帰国後3日間ほどしか準備期間がなかったため,参加された方々に十分な配慮ができたかどうか,また不備な点が多くなかったかなど,不安もありました.
しかし,講師の先生方のご熱心な講演と,積極的にスクールに取り組んで下さる参加者に支えられ,無事3日間のスクールを終了することができました.この場をお借りして,皆様に御礼を申し上げたいと思います.
来年も更なる盛況なサマースクールとなることを期待して,本報告と致します.

文責:山口留美子(Rumiko YAMAGUCHI)
秋田大学工学資源学部電気電子工学科

【SS98の風景】

■講師

内田先生 石川先生 佐藤先生
石飛先生 青木先生 足立先生
戸谷先生 関先生

■ポスター発表

■会場の風景

■実行委員・Misc

「1998年サマースクール・アンケート結果」

◯参加者数

122人(講師8人、一般会員55人、一般非会員40人、学生19人)

◯回収したアンケートの数

103

◯液晶研究に従事している期間。

1年未満   23
~2年未満  20
~4年未満  19
~6年未満  24
~8年未満   8
~10年未満  3
10年以上   6

◯今後、サマースクールで取り上げて欲しい内容。

-基礎に関連する事柄-
液晶の光学の基礎
(偏光、複屈折性、旋光、選択反射、Jones行列、4×4行列の計算、等)、
液晶の弾性論の基礎、
液晶の連続体理論、
液晶物理、物性、
化学材料の基礎、
液晶研究に必要な物理数学講座、
液晶の相転移現象、
Sm相に関するシミュレーションの研究と課題、
分子シミュレーション、
液晶のレオロジー、
液晶分子の構造解析法について(X線解析など)、
高分子液晶、
液晶の合成、
液晶の物性値の測定法や評価法
(屈折率、誘電率、粘弾性定数、IR、X-ray、偏光顕微鏡、光散乱等)、
など。

-液晶ディスプレイ関係-
パネルディスプレイの周辺技術
(TFT、Poly-Si、ITO、封止剤、カラーフィルター、リサイクル問題)、
製造プロセス関係、
表示や色彩の評価、
駆動方式、
反射型液晶ディスプレイ、
新規モードのディスプレイ、
他のフラットパネルディスプレイの開発状況とLCDとの比較、
PDLC、
AFLC等の各種ディスプレイ、
液晶パネルの今後の動向、
など。

-光学素子等のディスプレイ以外の液晶の応用分野-
配向関係、
液晶の配向研究の状況、
今後の展開
(光配向処理方法、ラビング、ラビングレス等)、
配向規制力評価法、
ラビング布評価法、
垂直配向、
配向膜表面における液晶分子の分子論的、
マクロ的配向機構、
液晶配向膜物性の測定と評価、
配向膜と液晶の界面における相互作用、
など。

◯SSの感想と今後への課題(参加者の声より)

-感想-
「大変楽しい学校でした。また、技術的にも新しい議論が出来た。」
「楽しい企画ありがとうございました。」
「液晶の基礎から応用まで、また、歴史的流れをよく理解できて良かった。」
「来年のサマースクールにも期待しています。」
「人数が多くてびっくりしました。」
「講師の人とも話ができるので貴重な体験が出来た。」
「海外でやりましょう。北海道、沖縄もいい。」
「多くの分野の方と情報交換する場としても良い機会であると思う。」
「企業の方々や大学の方々と、液晶の分野でお話しできる機会があまりないので、
とても有意義でした。学会等とはまた違った雰囲気で、よい経験になった。」
「露天風呂に入ることが出来て嬉しかった。」

-要望、批判、提案-
「パネルディスカッション形式、小さなグループのディスカッションを取り上げてほしい。」
「ポスターセッションをもっと増やして欲しい。」
「テキストを事前に配布して欲しい。」
「部屋割りは喫煙の有無も考慮して下さい。」
「産・官・学が自由にdiscussionできる機会に生産側の企業としての
Needs、又、研究者側の提案などが討論できればいい。」
「1時間20分中に息抜きが必要、少し長い。」
「最後の講演の後もフリーディスカッションみたいな時間があっても良かったのではないか。」
「レクチャーのレベルがバラバラである。」
「各講義とも初心者がいることを含めてO.H.P.をもう少し長くゆっくり表示し、
ゆっくり説明された方が良かった。」
「メーリングリストの返事が全員に返っていくのは勘弁して欲しい。」
「遠すぎる。」
「今回の先生方のO.H.P.をホームページで見られるようにして頂けると非常に嬉しいです。」
「2日目の夜に講演を入れても良かったのでは。」
「ポスターセッションと立食パーティーを一緒にやってもよかったのではないか。」
「サマースクールに「基礎講座」と「応用講座」の様に勉強の目的によって
講座を選択できるようにして欲しい。」