信州大学国際ファイバー工学研究所 フロンティアファイバー研究部門 (繊維学部 化学・材料系 機能高分子学課程)では、教員(助教)を募集しております。

応募締切は6月19日(金)です。

分子集合化学・液晶分野の方も候補となりますので、ぜひともご応募ならびにご推薦いただけますと幸いです。

*************************************************************************
国際ファイバー工学研究所 フロンティアファイバー研究部門 (繊維学部 化学・材料系 機能高分子学課程) 助教 公募のお知らせ (締切:平成27年6月19日)

1. 公募の趣旨・背景
 信州大学先鋭領域融合研究群国際ファイバー工学研究所フロンティアファイバー研究部門における研究、及び繊維学部化学・材料系機能高分子学課程における教育を一層推進させるため、また任期満了後、信州大学繊維学部化学・材料系機能高分子学課程の教員として引き続き在任することを視野に入れ、物理化学的な分野の教育研究実績を有し、高機能高性能な高分子・繊維あるいは分子集合体の構造と物性を中心に新しい分野の開拓を目指す人物を採用する。
2. 職名・人員  助教(特定雇用)・1名
3. 所属等  信州大学先鋭領域融合研究群国際ファイバー工学研究所 フロンティアファイバー研究部門に所属し,教育は主として信州大学繊維学部機能高分子学課程を担当する。
4. 研究分野
大分類:化学 小分類:材料化学
大分類:化学 小分類:物理化学
大分類:化学 小分類:複合化学
5. 職務
 研究分野:高分子科学あるいは分子集合化学を研究分野とし、物理化学的研究に実績を有し、高機能、高性能な高分子、繊維あるいは分子集合材料の構造と物性を中心にした新しい分野の開拓に意欲的な方が望ましい。
 教育担当:1年次教育(松本キャンパス):高分子に関連する基礎科目、ならびに導入教育に関連する科目を担当。
 高年次教育(上田キャンパス):化学演習,基礎化学実験、機能高分子学実験等を担当。将来、熱力学、分子集合化学等の講義も担当いただく予定。
 大学院教育(上田キャンパス):分子集合化学に関連する講義ならびに実験実習科目を担当。
6. 応募資格  博士の学位を有すること。
7. 採用予定日  平成27年10月1日
8. 任期  任期の定め有り(平成30年3月31日まで)。
 ただし任期満了後、信州大学学術研究院繊維学系(主担当:繊維学部 化学・材料系 機能高分子学課程)において、任期を付さない教員として、引き続き採用する場合がある。
9. 待遇
 給与:年俸制(年額:5,160,000円,月額:430,000円,諸手当含む)
 ただし、「8.任期」の任期を付さない教員として引き続き採用する場合は、本学の規定に基づいて年俸額を決定する。
 勤務地:信州大学上田キャンパス(長野県上田市常田三丁目15番1号) この他、国立大学法人信州大学の規定による。
10.提出書類   繊維学部ホームページまたはJREC-INの公募ページからから書式をダウンロードして、作成してください。
 (A) 履歴書 (写真添付)
 (B) 業績調書(研究成果の概要および着任後の抱負を含む)
 (C) 業績サマリー
 (D) 主要論文(10編以内)の別刷りあるいはコピー
 *(A)〜(C) については紙とCD等による電子ファイルの両方を提出するものとする。
 *原則として応募書類は返却しません。返却を希望する応募者は,その旨を明記してください。なお,応募および応募資料の機密は厳守いたします。
11.応募締切  平成27年6月19日(金)必着
12.選考方法  書類選考及び面接による選考
 ※信州大学は男女共同参画を推進しており,業績等(研究業績,教育業績,社会的貢献ほか)及び人物の評価において同等と認められた場合には女性を採用します。ただし,これは性別のみで優先的に採用することを認めるものではありません。
13.書類提出先  〒386-8567 長野県上田市常田3-15-1 信州大学繊維学部総務グループ 増田
 ※厳封し,封筒の表に「国際ファイバー工学研究所 フロンティアファイバー研究部門 助教(特定雇用)応募書類在中」と朱書の上,簡易書留または宅配便で送付のこと。
14.問合せ先  信州大学繊維学部化学・材料系機能高分子学課程 課程長 伊藤惠啓  電話:0268-21-5489  E-mail: yositoh@shinshu-u.ac.jp
15.信州大学繊維学部のホームページのURL  http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/textiles/

===============
JLCS-Information http://jlcs.jp/information/jlcs-information
発信者:太田 和親