設立までの歩み

ホームページサービス、メールサービス

日本液晶学会では、21世紀のマルチメディア、電子メディアを活用した情報交換システムの確立をめざし、学会発足と同時に WWW(ホームページ)を開設する予定にしてします。ホームページには、学会からの案内・報告・ニュースなどを掲載するほか、入会登録や講演会参加申込などもオンラインで受け付けられるようにします。また、国内外の関連サイトへのリンクも充実させて、会員の皆様の情報収集を支援します。URLは、
http://wwwsoc.nacsis.ac.jp/jlcs/
とする予定です。
また、日本液晶学会では、インターネットを利用したメーリングリスト(ML)を運営します。このMLに登録すると、学会からの情報をオンラインで受信できるようになるほか、会員相互の情報交換も可能になります。さらに、研究フォーラムごとのMLも開設する予定です。各研究テーマに関する活発な意見交換を通して、液晶研究のさらなる発展に寄与できることを期待しています。入会申込書のE-mail 欄に、電子メールアドレスをご記入ください。学会およびご希望フォーラムのMLに登録いたします。

国際液晶学会 (ILCS) について


1990年に発足した国際液晶学会(ILCS)は、40カ国800名以上の会員が参加する国際組織です。会員には世界の液晶研究関連の情報が詰まった季刊誌 “Liquid Crystal Today” が配付されています。また、WWW 経由による情報提供サービスも行なわれており、日本液晶学会設立後は、JLCS のホームページからもリンクできるようにする予定です。ILCSは国際液晶会議(次ページ参照)の主催団体です。ILCC 2000の日本開催を機会に、ぜひ多くの方がILCSにも参加されるようご案内いたします。
国際液晶学会 (ILCS) に関する情報は、以下の国内連絡先または WWW ホームページから入手できます。

申込連絡先(国内)
	Atsuo FUKUDA
	 E-mail : afukuda@ted.shinshu-u.ac.jp
	 FAX : +81-268-21-5511

	Hiroshi YOKOYAMA
	 E-mail : hyokoyam@tl.go.jp
	 FAX : +81-298-58-5548

ILCS ホームページ アドレス
  http://alcom.kent.edu/ILCS

ILCC 2000 について

国際液晶会議は、2年に1回、全世界の液晶研究者が一同に集って、液晶に関わるあらゆる分野の研究課題について、密度の濃い議論を展開する国際会議です。2000年の第18回国際液晶会議は、仙台で開催される予定となっています。現在予定されているている ILCC 2000 の概要は以下の通りです。
第18回国際液晶会議
会期:2000 年7月24日 (月) – 28日 (金)
会場:仙台国際センター(青葉城址に隣接)
〒980 仙台市青葉区青葉山
ILCC 2000 は、参加者・発表論文数ともに 1000を越える史上最大規模の国際液晶会議となります。また、液晶研究・液晶産業の発展著しいアジアで開催されるという点でも大きな意義をもっています。会議に平行して、液晶の基礎研究から LCD の最先端までを網羅した展示会の併設も計画されています。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本液晶学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.