2020年日本液晶学会オンライン研究会を開催します。予稿入稿締切は9月30日です。プログラムを公開しました(9月17日版)

発表・参加者の方へ

発表者の方へ(共通)

  • Zoomミーティングルームの画面共有でのプレゼンを予定しています。
  • 発表日の2週間前から3日前まで練習用のRoomを開設しますので、必ず事前に機材、発表資料のご確認をお願いします。
  • プログラムに掲載予定のURLから各セッションのZoomルームに入室ください。発表者が発表する際には共同ホスト権限を付与します。

口頭発表の方へ

  • 発表時間は10分、質疑応答時間は5分の計15分です。セッション開始10分前には接続して待機し、座長(ホスト)の指示に従ってください。講演終了後、交代時間が来ましたら、速やかに画面共有を終了し、次の講演者と交代してください。
  • 1A01 液晶 太郎 (液晶研) のように、聴講者はわかりやすく 発表番号 氏名(所属) と表示名を変更ください。

ポスター発表の方へ

  • Zoomの画面共有で横長ポスター1枚を全画面表示する形式での発表をお願いします。
  • 最初の5分間でポスター1枚を常時画面共有する形式での説明を行い、その後、10分間質疑応答を行った後、定められた時間毎に説明を繰り返してください(計4回)。
  • PA01 液晶 太郎 (液晶研) のように、聴講者はわかりやすく 発表番号 氏名(所属) と表示名を変更ください。
  • 当日は、各ポスターセッションの開始10分前から交代・準備の時間になります。
  • ポスターサイズを「横135.48 cm x 縦76.2 cm」に設定することを推奨します。(ワイド画面サイズ (横33.87 cm x 縦19.05 cm)を横4枚 x 縦4枚並べたサイズ)
  • なるべく大きい文字サイズを使用してください。(最低でも18pt 以上の文字サイズの使用を推奨します。)
  • Zoomの画面共有ではアスペクト比16:9の資料を全面投影できますが、デバイスによっては資料下部が見切れる場合があるので、下部5.5 cmを余白にするようご配慮ください。
  • 下記にポスターのテンプレートファイルを提供しますのでご参考ください。使用を必須とするものではありません。
  • ポスターテンプレート ワイド画面(16:9)(pptファイル・横135.48cm×縦76.2cm(16:9))

参加者の方へ

  • プログラムに掲載のURLから各セッションのZoomルームに入室ください。
  • 液晶 太郎 (液晶研) のように、聴講者はわかりやすく氏名(所属)と表示名を変更ください。
  • 入室時は音声をミュートにし、質疑応答の際に座長から指名されてから音声ONにし、発言後は速やかにミュートしてください。
  • 同じ部屋の複数の端末でマイクやスピーカーが有効になっているとハウリングを起こすことがありますので、適切にミュートし、かつイヤホンマイク等を使用ください。
  • ポスターセッションの各セッションの最終15分間は、ポスター賞申請者の場合には選考委員による審査時間となっています。一般の方の聴講も可能ですが、質疑応答は選考委員をご優先ください。

著作権について

受信映像の保存(画⾯キャプチャを含む)、録⾳、録画、再配布は禁⽌です。

必要な場合は、発表者や主催者等、事前にすべての関係者に許可を得てください。

  • 研究発表会でのオンライン発表は、自動公衆送信による再送信とみなされます。著作物を使用する際には、著作権上、問題のないようにご留意ください。
  • オンライン開催においても、引用・転載の記載方法は同じです。
  • 引用・転載の際は、発表者において適切に許諾を得て出典を明記してください。また、写真の掲載にあたっては肖像権、パブリシティ権、所有権・敷地管理権の侵害のないことを確認してから行ってください。
  • 日本液晶学会は教育機関でなく、研究発表自体も教育を目的としたものではないため著作権法35条の対象にはならず、使用にあたっては著作物の許諾を得る必要があると考えられます。
  • 論文とは異なり、単⾏本の図や表をそのまま引⽤する場合は注意ください。図や表は出版社が作成し、出版社が著作権を有しているケースが多々あるので、⽂章の著者から許諾を得ただけでは図や表を配信に使⽤できない場合もあります。
  • ※講演予稿集に基づく出版に関する著作権(著作権法第27条及び第28条の権利を含む)は日本液晶学会に帰属するものと致します。(日本液晶学会著作権規定

簡易マニュアル

【参考情報】