分子配向の自己組織化を特徴とする液晶は、ディスプレイ以外にも多様な分野に応用が可能です。本フォーラムの役割は、液晶材料・素子の機能探索から応用開拓まで、液晶の概念・守備範囲を拡張することにあります。液晶の光技術・光処理(フォトニクス)をキーテクノロジーとして、液晶の光・電子物性の発現や、それを活用したデバイス創生の可能性を追求することにより、新たな学際および産業分野を開拓していきます。さらにタイムリーなテーマ講演会の開催を通して、基礎研究のフェーズから情報交換の場を積極的に提供していきます。


光化学、光屈折、非線形光学、有機半導体、光導電性、発光、近接場光学、フォトニッククリスタル、光計測、

光記録、光通信、立体表示、ホログラム、光画像処理・認識、光情報処理、電子ペーパー、空間光変調など

 

過去に開催された講演会

 

2017年度フォーラム運営委員

主査: 間宮 純一(DIC株式会社)
幹事・会計:伊東 良太(秋田県立大学 電子情報システム学科)
ネットワーク担当: 中 裕美子(東京理科大学 理学部化学科)
委員: 矢崎 さなみ(JXTGエネルギー()
委員: 佐藤 慎也(シチズンホールディングス()
委員: 森武 洋(防衛大学校電気電子工学科)
委員: 尾崎 良太郎(愛媛大学 電気電子工学科)

歴代運営委員

 

日本液晶学会|フォーラム|液晶フォトニクス・光デバイスフォーラム

 

更新:2017/4/3
管理:中 裕美子