ごあいさつ

液晶化学・材料研究フォーラムでは,化学としての基礎的な面と、ディスプレイ素子の材料としての応用的な面の両方から,液晶を総合的にとらえ液晶ケミストリーの確立と液晶関連産業の発展を目指します。 主な研究テーマとしては,分子構造と液晶性の相関の解析、液晶の相転移・相 系列を考えた分子設計、LCDへの応用をめざした新規マテリアルの研究開発などが含まれます。 また,今後は分子集合体の本質を見極める研究・新しい機能を生み出す研究が益々重要になってくると考えられ,狭い範囲の「液晶の化学・材料」の枠にとらわれることなく, 新しい液晶の用途開発を念頭に置き,異分野の学問 ・産業領域との関わりも深めていきます。参加される会員の方々が,互いに刺激しあうことによって斬新的なアイデアが生まれ, 新しい研究領域,応用分野が広がっていくことを期待しています。

フォーラム運営委員(2016年10月〜)

山本貴広 (産業技術総合研究所・主査)

宮元展義 (福岡工業大学・幹事)

荒川優樹 (豊橋技術科学大学)

金子光佑 (立命館大学)

原光生 (名古屋大学)

三輪洋平 (岐阜大学)

内田幸明 (大阪大学)

堤治 (立命館大学)

永野修作 (名古屋大学)

籔内一博 (中部大学)

近藤瑞穂 (兵庫県立大学)

最新情報&更新情報

2017.6.23 イベント情報にフォーラム講演会「接着技術」を追加
2016.10.4 フォーラム運営委員を更新
2016.4.19 イベント情報に合同チュートリアル講座「分子動力学シミュレーションの最初の一歩」を追加
2016.3.25 イベント情報にフォーラム講演会「液晶と熱伝導」を追加
2016.3.10 フォーラムHPをリニューアル