液晶交流会

 岐阜大学にて開催される討論会前日に、JR岐阜駅前の岐阜大学サテライトキャンパスにて、液晶交流会を開催致します。今年度は、「液晶研究の新潮流」と題し、化学・物理・材料の分野から新しい展開の液晶研究されている講師の先生に最新のご研究内容をご講演いただき、基礎から幅広い応用分野において学び、議論するシンポジウムを企画しています。様々に広がる液晶分野の理解を深めるだけでなく、新しい研究を実際に共同研究に発展させるなどのネットワーク作りの場にもご活用いただけます。大学、公的研究機関、企業の研究者の方々はもちろんのこと、若手研究者、学生の皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

日 時 : 2018年9月3日(月)13:00~19:00
       (事前申し込み締め切り7月30日(月))
場 所 :
 【講演会の部】 岐阜大学 サテライトキャンパス 多目的講義室(大)
      (JR岐阜駅前:岐阜市吉野町6丁目31番地 岐阜スカイウイング37東棟4階)
 【交流会の部】 じゅうろくプラザ中会議室
      (JR岐阜駅すぐ:岐阜市橋本町1丁目10番地11)
募集定員:   80名程度
参加費 : 一般・シニア会員 3,000円、一般非会員 3,000円
         学生会員 1,000円、学生非会員 1,000円 
参加申込方法: 討論会参加登録フォームから事前登録ください。

プログラム(予定)
【講演会の部】
13:00-13:40 河野慎一郎(名大院理)
     「大環状化合物を用いた液晶性ナノ空間の創製」
13:40-14:20 吉田浩之(阪大院工)
     「配向制御技術で欠陥を操る、配向制御技術で光を操る(仮)」
14:20-15:00 山本貴広(産総研)
     「自己修復や粘接着機能を有する液晶系複合材料の開発」
15:00-15:10 休憩 10分
15:10-15:50 内田幸明(阪大院基礎工)
     「液晶の新しい物性を引き出すための階層間接続に基づく分子設計」
15:50-16:30 長尾祐樹(北陸先端科技大)
     「高プロトン伝導性スルホン化ポリイミド薄膜の研究における液晶性との出会い」
【交流会の部】「じゅうろくプラザ」へ移動
17:00-18:00 出席者による討論会発表のショートプレゼン
18:00-19:00 講演者および出席者との交流会

 参加される皆様が研究内容を理解しあうために、ショートプレゼンテーションの場を準備いたしました。液晶討論会での口頭発表やポスター発表の宣伝の場としてもご活用下さい。(発表時間は2、3分程度で、スライド2枚程度を想定しております。また、希望者の数により変動する可能性がございます。)発表希望の方は、参加申し込みの際、『液晶交流会 参加登録欄』で“ショートプレゼン希望・参加する”を選択ください。