検索TOP・最新巻(Current Issue)  >  2014年以前の巻・過去記事検索(Archive -2014)  >  2008年・12巻  >  2008年7月号目次(TOC)

« Previous Issue Vol.12 No.2 (2008/4)Next Issue Vol.12 No.4 (2008/10) »
2008年07月

日本液晶学会誌 Vol.12 No.3
2008年07月25日発行
EKISHO Volume 12, Number 3, 25th July 2008

PDF一括

巻頭言
Preface
Unwisenheit
 -163-  

樽見 和明
Kazuaki TARUMI 本文PDF
総説
General Review
実存分子系のモデリングとシミュレーションによる分子鎖の動的挙動評価-全芳香族ポリエステルを例にして
Modeling of Real Molecular System and Evaluation of Dynamic Properties of Chains Studied by Molecular Simulation ―In the Case of Aromatic Liquid Crystal Polyesters
 -165-  

福田 光完
Mitsuhiro FUKUDA 本文PDF
解説
Review
垂直配向強誘電性液晶を用いた光路シフト素子の開発
Development of Optical Shift Device Based on Vertically Aligned Ferroelectric Liquid Crystal
 -178-  

高野 洋平, 平野 由希子, 藤村 浩, 鴇田 才明
Yohei TAKANO,Yukiko HIRANO,Koh FUJIMURA,Toshiaki TOKITA 本文PDF
ER流体としての液晶の流動・変性特性
Flow and Deformation Properties of Liquid Crystals as ER Fluids
 -186-  

鳴海 敬倫
Takatsune NARUMI 本文PDF
精密熱測定・誘電測定から見た de Vries スメクチック A-C相転移の臨界挙動
Critical Behavior of de Vries Smectic A-C Phase Transition Studied by High-resolution Calorimetric and Dielectric Measurements
 -195-  

江間 健司, 八尾 晴彦
Kenji EMA, Haruhiko YAO 本文PDF
表面の凹凸パターンによるアンカリング:Berreman のアンカリングの理論の批判的再検討による新展開
Anchoring Induced by Patterned Surface Asperity: New Development Based on a Critical Reexamination of Berreman’s Theory on Surface Anchoring
 -202-  

福田 順一
Jun-ichi FUKUDA 本文PDF
講座
Lecture
液晶の粘弾性 第2回:ネマチック液晶の配向弾性とレスリー粘性(その2)
Viscoelasticity of Liquid Crystal (Part 2)
 -210-  

久保野 敦史
Atsushi KUBONO 本文PDF
研究室紹介
Report from Universities
and Institutions
京都大学大学院理学研究科 物理学・宇宙物理専攻 物理学第一分野ソフトマター物理学研究室
Soft Matter Physics Group Depertment of Physics, Graduate School of Science,Kyoto University
 -220-  

山本 潤
Jun YAMAMOTO 本文PDF
訃報:守屋慶一先生, 追悼:守屋慶一先生
Tribute to Prof.Keiichi Moriya, In Memory of Prof.Keiichi Moriya:His Art and Science
 -222-  

内田 龍男, 沓水 祥一, 坂尻 浩一
Tatsuo UCHIDA, Syoichi KUTSUMIZU, Koichi SAKAZIRI 本文PDF
英文アブストラクト
English Abstracts
 -224-  

本文PDF
編集後記
Editor's postscript
 -226-  

本文PDF

ページのトップへ戻る / Scroll back to top