From: 富川直樹

Mon, 1 Oct 2012 16:35:12 +0900

2012年度 液晶ディスプレイ研究フォーラム/
液晶フォトニクス・光デバイスフォーラム合同講演会
「液晶ディスプレイの高信頼性技術」開催のお知らせ

<10/3まで申込期限を延長しました!>

液晶ディスプレイは様々な応用製品とともに広く普及してきました。一方で
テレビに代表される既存の応用製品に対して液晶ディスプレイは、技術的な
成熟期を迎えつつあり、今後は既存の枠にとらわれずに、新たな液晶技術の
ブレークスルーを起こすことで、アプリケーションの幅を広げていくことが
求められています。

このような背景の下、液晶ディスプレイのアプリケーションは医療用ディス
プレイやデジタルサイネージ等へ拡大しており、さらにはユビキタス社会に
向けたフレキシブルディスプレイへの展開も期待され、一段と高い表示品質
や信頼性が要求されています。
歴史的にみても、日本の液晶ディスプレイ産業は部材・素材レベルから完成
品までの徹底したすり合わせによって作りこまれた、突出した高品質、高信
頼を武器に成長を遂げてきました。未来を担うディスプレイを実現するため、
これまでにない高信頼性を強みとするディスプレイを作り上げることも、
ひとつのアプローチではないかと考え、今回の講演会を企画致しました。

今回は高信頼性ディスプレイを支える要素技術や、高信頼性が要求される
最先端のディスプレイの研究開発にご活躍されている先生方をお招きして
おります。液晶ディスプレイのさらなる発展に向けて、講師の先生方と
参加者の皆様の深い議論の機会となれば幸いです。

日時:10月5日(金)
場所:東陽テクニカ本社・会議室(東京)
地図:http://www.toyo.co.jp/company/access.html

参加費
 会員(賛助会員含む):\4,000
 非会員:\5,000
 学生 :無料 (予稿集を希望される場合 \500)

 懇親会:\5,000

**************************************************************
<講演スケジュール(敬称略)>

12:20- 受付開始
12:50 開会挨拶

13:00-13:50
「液晶ディスプレイの高信頼性化に向けた液晶配向膜の構造解析」
 郭武宣 (LG Display)

13:50-14:40
「Blue phase液晶におけるポリマーネットワーク構造の解析」
 嘉本律(有限会社マイクロアナリシスラボ)

14:40-15:30
「放射光を利用した液晶配向膜表面の構造解析」
 冨永哲雄(JSR株式会社)

(休憩)

15:50-16:40
「液晶ディスプレイ用光学フィルム設計」
 中野勇樹(日東電工株式会社)

16:40-17:30
「2種類のマルチドメインIPSの視野角特性に関する解析」
 西田真一(NLTテクノロジー株式会社)

18:00-20:00 懇親会
**************************************************************

参加ご希望の方は以下のフォームにご記入の上、
tomikawa.naoki@exc.epson.co.jp (講演会受付アドレス)

までメールでお送りください。

参加費は当日受付でお支払いください。

=============================================
1. 所属
2. 氏名
3. 会員種別 正会員/賛助会員/非会員/学生(該当する項目を残してください)
4.(会員の方は)会員番号
5. (学生の方は) 予稿集 要/不要
6. 連絡先(e-mail)
7. 連絡先(電話)
8. 懇親会出席 する/しない(←どちらかを消してください)
==============================================
※申込期限:2012年10月3日(水)

主催:日本液晶学会
共催:電子情報通信学会 電子ディスプレイ研究専門委員会

液晶ディスプレイ研究フォーラムURL:
http://disp.jlcs.jp/
液晶フォトニクス・光デバイスフォーラムURL:
http://photo.jlcs.jp/LC_photonics_top.htm

問い合わせ先:
富川 直樹
セイコーエプソン株式会社 ビジュアルプロダクツ事業部
VP要素開発部 / 〒399-0295 長野県諏訪郡富士見町富士見1010
tomikawa.naoki@exc.epson.co.jp

———————————————-
JLCS-News http://jlcs.jp/information/jlcs-news
発信者:富川直樹